2015年07月16日

姫路営業道場 7月度報告書

リーダーシップ  コミュニケーションを通して発揮される目標達成に向けた肯定的な影響力

マネジメント    人を介して仕事をする技術

マネージャーに求められる能力  目標達成能力と人間関係能力
                   

強み・長所(解釈)を伸ばす
できていない5%に目を奪われる
   できている 95%を承認する  あるものに目を向ける  自分に対しても

自分が自分の長所・強みに焦点があっていないと、人の長所に目がいかない  (人と比べない)



「人」と「事」を分ける  「人を叱らずに行動を叱る」
責任追及型(詰問調) → 問題解決型の叱り方

性格や内面を非難  → 人間性を否定、改善点が不明
人を叱る        → 今回の行動にポイントが絞られ改善点が見つけやすくなる
                今後同じようなトラブルが起きないように解決案を提示
           
コミュニケーションとは“心”と“言葉”のキャッチボール ← ドッチボール


質問

否定質問 → 肯定質問へ   アシスト的立場で質問
「なぜ、できないの?」  → 「どうしたらできるかな?」
     ↓             できることを訊く・引き出していく
できない理由(言い訳)が出てくる    いつなら、どこまでなら、誰となら、どの方法なら・・
               
過去質問 → 未来質問へ   自分に対しても
「なぜ、できなかったの」 → 「今後できるようにするにはどうしたらいいと思う?」


答えを否定しない  違う意見をオープンに受け入れる
                    人は話しながら(アウトプット)気づいていく
                    解決策を導き出す

相手の中に答えがある、その答えを尊重して引き出していく
こちらが答えを持っていると限定質問になる(YESorNO) → 拡大質問に

相手の心は見えない → 見えない心を見る(コミュニケーション)










Posted by 姫路営業道場 at 21:53│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。